ユーザー車検で安く車検を通そう

ユーザー車検で安く車検を通そう

自動車をお持ちの方は新車であれば3年、2回目以降や中古車の場合は2年ごとに車検を受けなければいけません。自動車の整備費用の中で最も高額になるのが車検費用です。その為、多くの方が車検費用を節約しようと整備工場やカーショップなどを比較されてるでしょう。車検費用を少しでも浮かせたいと思っている方はユーザー車検を検討してみてはいかがでしょうか。ユーザー車検とはご自身で陸運局へ車を持って行き検査を受ける方法です。必要な費用は法定費用やその他整備費用のみとなるのでかなり安く車検を通すことができます。ただし、平日のみの受付となっているのでサラリーマンの方は会社を休む必要があるので覚えておきましょう。一度ユーザー車検を経験しておくと次回からの段取りが把握できるので、受け方のコツやポイント等を把握させておくと良いでしょう。

ユーザー車検の最大の特徴とは

車検は自動車を所有している人であれば必ず、一定期間ごとに受ける必要があります。自動車の安全性を確認すると共に、自賠責保険の更新も行われるので、車検を受けていない自動車を公道で走らせることはできません。車検はそのサービスを行っているガソリンスタンドや整備工場、カー用品店などで受けることができます。また自分で行うこともでき、これがユーザー車検と呼ばれる車検です。このユーザー車検には、他の車検とは異なる特徴がいくつかあります。その中でも最大の特徴が、通常であれば整備員などによって行われる点検を自分で行うと言う点です。しかし整備員が行っている整備を自分で行うとなると、果たして本当に自分でも行えるのか、そしてその安全性はしっかり確保されるのかと思われる方もいるかもしれません。結論から言うと、自分で点検を行うと言っても、専用の機械の上に車を搭載したり、道具を使用したりして行います。ですから、それほど難しさを感じることなく点検を行うことができます。また基準値などを満たしていない場合は、機械判定によって自動的にはじかれるため、安全性もしっかりと確保されます。

ユーザー車検の魅力~車検費用が安く済む

車検は一定期間ごとに必ず受けなければならない検査です。しかしその際には、結構な額の費用が発生します。そのため少しでもこの費用を低く抑えたいと、たくさんの見積もりを取っている人も多いかもしれません。車検費用のうち、自賠責保険や各種税金、印紙代などは法定費用であるため、その価格を低くすることは不可能です。しかし一方の検査費用や事務手数料などは、車検を受けるところによって差が出てくるのか特徴です。そのため車検費用を低く抑えたいと言う場合には、こちらの部分の費用をいかに安くするかがポイントです。そこで利用したいのがユーザー車検です。これは、車検に関する点検、検査を自分で行うと言う車検です。また書類手続きの一部も自分で行います。通常の車検であれば、整備員や事務員に任せている処理を自分で行うと言うわけです。ですから、当然、その部分の費用は発生しません。どれくらい車検費用を低く抑えることができるかは車種や状態によって異なりますが、かなりの金額を抑えることができるのは確かなことです。