ユーザー車検のデメリットとは

ユーザー車検のデメリットとは

ユーザー車検は自分で自動車の点検、検査を行う車検です。そのため、通常の車検であれば発生する検査費用や事務手続き費用を低く抑えることができ、その点が大きなメリットです。また自分で自動車を点検することで、自動車の構造を理解することができる、安全に対する意識が高まると言うのもメリットです。しかし半面、デメリットもあります。まずは、検査時での安全性が満たされていれば合格となるため、メンテナンスが疎かになりやすいと言う点です。ユーザー車検は、定められたコースに入り、所定の機械の上に車を乗せたり、道具を使用したりして行います。そして車検をクリアするための基準を満たしているかどうかは、機械によって自動的に判断されます。だからこそ、整備員ではない人でも車検を行うことができるわけです。しかし通常の車検であれば、車検を通過したとしても、交換した方が良い部品やメンテナンスについてのアドバイスを受けることができますが、ユーザー車検に関してはそれがないので、自分でしっかりと配慮することが必要です。また意外なデメリットとしては、車検ステッカーの貼り換え作業の大変さが挙げられます。粘着性が強いので簡単に貼り換えることができず、専用の道具が必要となるのはデメリットと言えます。

ユーザー車検の注意点

最近はユーザー自身が車検場に持ち込んで車検を受けるユーザー車検が増えてます。ユーザー車検は安く車検を取得できることで人気になっています。車検取得までに必要なことを書いていきます。最初におこなうのは車両の定期点検です。軽自動車や普通乗用車は24か月点検、貨物自動車は12か月点検を運輸局の認可を得た指定工場や認証工場で点検してもらう必要があります。ここで異常が見つかった場合は修理をすることになります。次は車検の予約です。車検の予約はインターネットや電話で予約します。予約を取ったら次は必要書類の準備です。納税証明書や自賠責保険証書を用意します。車検当日は重量税や検査手数料の印紙代金、車検を受検する際に書き込む用紙の代金を用意します。車検場で購入した用紙に車検証に記載されている項目を書いて印紙を貼ります。検査手数料の印紙は点検記録簿に貼ります。準備が整ったら予約の確認をカウンターでおこないます。その後は車検ラインに行き検査官の指示で車検を受けます。不具合があればもう一度修理が必要になります。問題がなければ書類を受け取りカウンターに提出して新しい車検証とステッカーを受け取り終了になります。

費用を安く抑えたいならユーザー車検がお勧め

自動車を公道で運行する為には普通車であれば二年に一度、商用車や改造車であれば一年に一度車検を受けなければならない事が、法律で定められており、無車検の自動車の運転は罰則の対象となり、無車検の自動車で交通事故を起こした場合には、自動車保険も適応となりません。そんな車検というシステムですけれども、避けては通る事が出来ない以上、やはり気になるところはその費用ですが、多少自動車に関する知識がある方であれば、ディーラーや整備工場などの業者に依頼するよりも、格段に車検費用を安く抑える方法として、ユーザー車検という方法を利用する事を、お勧めします。決まった流れに沿って検査を通すだけですので、そんなに難しいものではなく、費用も法定費用プラス数千円で済む為、車検を依頼された業者がユーザー車検を利用するケースも少なくありません。